遺産と遺言書

遺産相続の単純承認とは

遺産を相続する場合には、3種類の方法があります。
単純承認、限定承認、相続放棄があります。
相続とは、亡くなった方の財産を一定の身分の方に移すことです。

亡くなられた方にある全ての財務上の権利を継承するとになりますので、プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことになります。
ローンや負債などのマイナス財産だけ免れるという事はできません。
相続は、個人の自由で決定することができます。

ですが、相続を承認する場合でも、相続放棄をする場合にも、相続の権利があると知った3か月以内に承認か放棄を決める必要があります。

遺産を相続する単純承認とは、単純に相続をそのまま受けることです。
そのまま相続してしまうと、プラスの財産もマイナスの財産も両方相続してしまいます。
また、マイナスの財産の方が多いという場合には、遺産を相続することで、負債を抱えることになります。

明らかに、プラスの財産の方が多い。
という場合には有効ですが、分からないという場合には、よく見極めて相続する必要があります。
他の相続方法とは、違い家庭裁判所に申請する必要がありませんが、相続人が相続財産の一部またはすべてを処分した場合も考えられます。
相続の権利があると知ってから3か月以内に限定承認、相続放棄をしなかった場合限定承認、相続放棄をしたのに相続財産の一部、又はすべてを隠ぺいした時も考えられます。

また、消費した場合、または、悪意から財産目録に記載しなかった場合にも、単純承認された。
とみなされます。
単純承認をおこなった場合、相続した負債が相続した財産よりも多い場合には、単純承認を行った方が個人の財産から負債を返済する必要があります。
単純承認を行う場合には、亡くなられた方の財産状況をしっかりと確認して、相続自体がプラスになる場合承認しましょう。

また、一度選択した承認は、取り消すことができませんので、財産状況が不明という場合には、しっかりと調査して決断することが必要になります。

Menu