遺産と遺言書

遺産相続の相続放棄とは

遺産相続には、単純承認、限定承認、相続放棄の3種類があります。
単純承認、限定承認は、亡くなった方の財産を相続できますが、相続放棄とは、一切の財産を放棄することです。
相続放棄を行った場合には、申請した方が初めから相続人ではなかったとしてみなされます。

相続には順位があるため、相続放棄した場合、次の順位の相続人に放棄した財産が行き、繰り上がりで相続人になります。
これは、債務が多く相続する財産がない。
このような場合に使われるようですが、実際の相続放棄は、特定の人物に相続させるために行われることが多いようです。

また、相続を放棄すると、順位が繰り上がって相続人になるため、思わぬ人物が相続することになった。
このようなケースもありますので、しっかりと調査してから相続放棄の申請をしましょう。
相続放棄を行う場合は、故人の最終住所を管轄する家庭裁判所に、相続の権利がある、と知った日から3か月以内に申請します。

相続放棄の申述書、申述人の戸籍謄本・故人の除籍謄本・除籍票を用意してから申請しましょう。
相続方法は、一度決定してしまうと、取り消しすることは、できませんが相続放棄の場合は、一定の条件により取消を行うことが出来ます。
相続放棄の取り消しができる、と知っていた場合には、その状況が改善された日から6か月以内、知らなかった場合には、10年以内の場合、取り消しを行う事が出来ます。

この相続放棄は、個人の財産を相続する権利をすべて放棄することになります。
一度「相続放棄」と申請してしまうと、一定の理由がない場合には取り消しすることができませんので注意しましょう。
お父さんが亡くなって、お母さんの為に子供が全員相続放棄しました。

これで、母親に全財産が行くだろう思って放棄したが、順位が繰り上がり、お父さんの親や兄弟が単純承認や限定承認を行い、思わぬ人に財産がわたってしまった。
このようなトラブルになる場合もありますので、注意しましょう。

Menu