遺産と遺言書

遺産相続の限定承認とは

遺産相続には、3種類の方法があります。
単純承認、限定承認、相続放棄があります。
単純承認は、亡くなられた方の一切の財務を相続するため、プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことになります。
限定承認とは、相続を承認しますが、相続したプラスの財産から、負債を支払う方法です。
もし、負債の方が多い。
という場合にも、相続人の財産から負債を支払う必要はありません。

限定承認を行うには、3か月以内に、相続人全員が共同して、亡くなられた方の住所を管轄する家庭裁判所に申請します。
相続の限定承認の申述書、申述人の戸籍謄本、亡くなられた方の除籍謄本、住民票の除票、財産目録があれば申請することが出来ます。
財産目録は、悪意を持って改ざんした場合、単純承認としてみなされますので、注意しましょう。

限定承認は、相続人全員の同意が必要になりますので、しっかりと話し合うことが必要になります。
この限定承認は、債務が多い承認に対しても、相続人が返済する限度が相続財産以下になる「有限責任」に変えることが出来ます。
万が一、債務が財産を上回っていても、相続人の財産から弁済する必要がありません。

この限定承認は・財産と債務の割合が不明で、分からない、特に債務が多い。
と思われる場合に使用されます。
債務調査を行っている時に、「とりあえず」として、申請されることもありあますし、万が一債務の方が多かった場合、相続した財産を限度に弁済します。
・相続する人が事業などを受け継ぎ立て直しできる見通しがある場合。

限定承認を行い、なくしてから事業を立て直す。
・相続する財産の中に、どうしても相続したい物がある場合、限定承認を行い、評価額を弁済して相続するなどの場合には、限定承認を行うことが多いようです。
負債と、財産がわからない場合には、「念のため」限定承認にしておくと安心かもしれません。

3か月の猶予がありますので、じっくりと考慮して決断しましょう。

Menu