遺産と遺言書

法定相続と遺産分割協議

法定相続とは、民法で定められている「遺産相続」の取り分の事になります。
遺言がないという場合や、遺言があるが、不備などがあって家庭裁判所で無効とされた場合、この方法で遺産相続することが多いようです。
この法定相続における取り分の事を法定相続分とよびます。

この法定相続分は、相続人の話し合いの中で合意しない場合の法律上の目安。
となっていますので、これをきっちりと守る必要はありません。

法定相続人は、配偶者は必ずなれますが、第一順 子供、 第二順 親 第三順 兄弟となります。
配偶者と子供がいる、場合には配偶者が1/2 子供が1/2。
配偶者と父母がいる、場合には配偶者が2/3 父母が1/3。

配偶者と兄弟がいる、場合には、配偶者が1/4 兄弟が3/4が法定相続分になります。
遺産を協議で分割する場合には「遺産分割協議書」を作成します。
配偶者が不動産を 長男が○○銀行の預貯金を 長女が宝石と○○銀行の預貯金をと協議を書面しっかりと記載して署名捺印します。

通例として、印鑑署名をつけることもあるそうです。
これが作成されて初めて遺産相続の執行をすることが出来ます。
人が亡くなった瞬間に、亡くなられた方の財産は相続人に移行されます。

この相続人が複数いる場合には、相続人全員の共有財産になります。
そのままでも構わないのですが、「遺産分割協議書」を作成して、個々の財産に移行するように協議を行います。
共有財産のままで、放置していると、思い道りに処分することが出来ません。

そのためにも、「遺産分割協議書」を作成する事をおすすめします。
この遺産分割協議書は、特に決まった書式はありませんので、相続人の署名捺印と取得する財産がはっきりと記載されています。
そのため、他人にもしっかりと分かるようであれば、どのように作っていただいても問題ありません。

インターネットや本にも例文がのっていますので、それを参考にしていただくのも、いいと思います。
不動産の場合には、司法書士が協議書をつくることもあります。

Menu